« ドイツ・黒い森 | トップページ | ドイツ・簡易と難易 »

2019年3月 1日 (金)

ドイツ・わが青春

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツ旅行の貴重な体験としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語の革新的攻略法

« ドイツ・黒い森 | トップページ | ドイツ・簡易と難易 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・わが青春:

« ドイツ・黒い森 | トップページ | ドイツ・簡易と難易 »

無料ブログはココログ