« ドイツ・わが青春 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・ヨーロッパの哀愁 II »

2019年3月 3日 (日)

ドイツ・簡易と難易

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)があります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。



« ドイツ・わが青春 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・ヨーロッパの哀愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・簡易と難易:

« ドイツ・わが青春 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・ヨーロッパの哀愁 II »

無料ブログはココログ