« ドイツ文化とドイツ・簡易と難易 | トップページ | BRD・苦楽の極相 »

2019年3月 6日 (水)

ドイツ語とドイツ文化・人生の黄昏に

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ雑記帳

« ドイツ文化とドイツ・簡易と難易 | トップページ | BRD・苦楽の極相 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・人生の黄昏に:

« ドイツ文化とドイツ・簡易と難易 | トップページ | BRD・苦楽の極相 »

無料ブログはココログ