« Deutschland・覚醒と拡散 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・人生の黄昏に »

2019年3月 6日 (水)

ドイツ文化とドイツ・簡易と難易

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。

ドイツ語の10倍速攻略法

« Deutschland・覚醒と拡散 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・人生の黄昏に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・簡易と難易:

« Deutschland・覚醒と拡散 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・人生の黄昏に »

無料ブログはココログ