« ドイツ・簡易と難易 | トップページ | Deutschland・覚醒と拡散 »

2019年3月 3日 (日)

ドイツ語とドイツ文化・ヨーロッパの哀愁 II

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ケルンという響きはキース・ジャレットの有名なライブ・アルバム「ケルン・コンサート」を思い起こさせるのでまず思い浮かびます。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅の想い出としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語速習マスター連合2015

« ドイツ・簡易と難易 | トップページ | Deutschland・覚醒と拡散 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・ヨーロッパの哀愁 II:

« ドイツ・簡易と難易 | トップページ | Deutschland・覚醒と拡散 »

無料ブログはココログ