« ドイツ語とドイツ文化・人生の黄昏に | トップページ | ドイツ語・教会の尖塔 »

2019年3月 8日 (金)

BRD・苦楽の極相

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。



« ドイツ語とドイツ文化・人生の黄昏に | トップページ | ドイツ語・教会の尖塔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRD・苦楽の極相:

« ドイツ語とドイツ文化・人生の黄昏に | トップページ | ドイツ語・教会の尖塔 »

無料ブログはココログ