« ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

2018年12月 2日 (日)

独逸・希望への道筋

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツで最も好きな都市の一つは、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。



« ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74697690

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸・希望への道筋:

« ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

無料ブログはココログ