« ドイツとドイツ語・遥かなる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・歴史の重み »

2018年12月 7日 (金)

ドイツ文化・青春の光と影 II

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。

趣味の語学

« ドイツとドイツ語・遥かなる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・歴史の重み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74726583

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・青春の光と影 II:

« ドイツとドイツ語・遥かなる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・歴史の重み »

無料ブログはココログ