« ドイツとドイツ語・遥かなる哀愁 II | トップページ | ドイツ文化・青春の光と影 II »

2018年12月 6日 (木)

ドイツとドイツ語・遥かなる郷愁 II

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツ旅行の貴重な体験としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Mönchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツとドイツ語・遥かなる哀愁 II | トップページ | ドイツ文化・青春の光と影 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74720985

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・遥かなる郷愁 II:

« ドイツとドイツ語・遥かなる哀愁 II | トップページ | ドイツ文化・青春の光と影 II »

無料ブログはココログ