« ドイツ語を学ぼう | トップページ | ドイツとドイツ語・遥かなる哀愁 II »

2018年12月 5日 (水)

BRD・青春の旅路 II

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツ語を学ぼう | トップページ | ドイツとドイツ語・遥かなる哀愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74713726

この記事へのトラックバック一覧です: BRD・青春の旅路 II:

« ドイツ語を学ぼう | トップページ | ドイツとドイツ語・遥かなる哀愁 II »

無料ブログはココログ