« ドイツ連邦共和国・哀愁の思い出 II | トップページ | ドイツ・趣味と実用 »

2018年11月 8日 (木)

ドイツ文化・契機と発展

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ連邦共和国・哀愁の思い出 II | トップページ | ドイツ・趣味と実用 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74552892

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・契機と発展:

« ドイツ連邦共和国・哀愁の思い出 II | トップページ | ドイツ・趣味と実用 »

無料ブログはココログ