« ドイツ連邦共和国・希望への道筋 | トップページ | ドイツ・遙かなる郷愁 »

2018年11月23日 (金)

ドイツ文化・重厚な印象

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツ連邦共和国・希望への道筋 | トップページ | ドイツ・遙かなる郷愁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74649406

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・重厚な印象:

« ドイツ連邦共和国・希望への道筋 | トップページ | ドイツ・遙かなる郷愁 »

無料ブログはココログ