« ドイツ文化・重厚な印象 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 »

2018年11月28日 (水)

ドイツ・遙かなる郷愁

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語の10倍速攻略法

« ドイツ文化・重厚な印象 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74680122

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・遙かなる郷愁:

« ドイツ文化・重厚な印象 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 »

無料ブログはココログ