« 独逸・セピアの影 | トップページ | ドイツ文化・契機と発展 »

2018年11月 6日 (火)

ドイツ連邦共和国・哀愁の思い出 II

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。



« 独逸・セピアの影 | トップページ | ドイツ文化・契機と発展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74544118

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・哀愁の思い出 II:

« 独逸・セピアの影 | トップページ | ドイツ文化・契機と発展 »

無料ブログはココログ