« 最新ドイツ文化情報 | トップページ | ドイツ文化・未知なる郷愁 II »

2018年10月28日 (日)

ドイツ語・享楽の次元

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツの旅の想い出としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。

ドイツ語速習マスター連合2015

« 最新ドイツ文化情報 | トップページ | ドイツ文化・未知なる郷愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74484486

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・享楽の次元:

« 最新ドイツ文化情報 | トップページ | ドイツ文化・未知なる郷愁 II »

無料ブログはココログ