« Deutschland・青春の旅路 | トップページ | ドイツ語・享楽の次元 »

2018年10月26日 (金)

最新ドイツ文化情報

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツで最も好きな都市の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。



« Deutschland・青春の旅路 | トップページ | ドイツ語・享楽の次元 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74472983

この記事へのトラックバック一覧です: 最新ドイツ文化情報:

« Deutschland・青春の旅路 | トップページ | ドイツ語・享楽の次元 »

無料ブログはココログ