« ドイツ語・紅い稲妻 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・感性と感覚 »

2018年10月13日 (土)

ドイツ文化・希望への道筋

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語の森

« ドイツ語・紅い稲妻 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・感性と感覚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74385783

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・希望への道筋:

« ドイツ語・紅い稲妻 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・感性と感覚 »

無料ブログはココログ