« ドイツ語・享楽の次元 | トップページ | BRD・忍耐と情熱 »

2018年10月28日 (日)

ドイツ文化・未知なる郷愁 II

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ケルンという響きはキース・ジャレットの有名なライブ・アルバム「ケルン・コンサート」を思い起こさせるのでまず思い浮かびます。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅の想い出としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

趣味の語学

« ドイツ語・享楽の次元 | トップページ | BRD・忍耐と情熱 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74484956

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・未知なる郷愁 II:

« ドイツ語・享楽の次元 | トップページ | BRD・忍耐と情熱 »

無料ブログはココログ