« BRDの極意 | トップページ | 独逸・魅惑の世界 II »

2018年10月 4日 (木)

ドイツとドイツ語・遥かなる旅路 II

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅の想い出としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。

ドイツへの憧れ

« BRDの極意 | トップページ | 独逸・魅惑の世界 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74328072

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・遥かなる旅路 II:

« BRDの極意 | トップページ | 独逸・魅惑の世界 II »

無料ブログはココログ