« ドイツ文化・その魅力 | トップページ | BRDの極意 »

2018年10月 2日 (火)

ドイツ・実存と重厚さ II

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。ドイツの旅の想い出としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV München von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。

ドイツ語への旅

« ドイツ文化・その魅力 | トップページ | BRDの極意 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74313737

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・実存と重厚さ II:

« ドイツ文化・その魅力 | トップページ | BRDの極意 »

無料ブログはココログ