« ドイツ文化とドイツ・黒い猫 | トップページ | 最新ドイツ文化情報 »

2018年10月26日 (金)

Deutschland・青春の旅路

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。

ドイツ狂のブログ

« ドイツ文化とドイツ・黒い猫 | トップページ | 最新ドイツ文化情報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・青春の旅路:

« ドイツ文化とドイツ・黒い猫 | トップページ | 最新ドイツ文化情報 »

無料ブログはココログ