« ドイツ文化・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ・わが心の春 II »

2018年10月29日 (月)

BRD・忍耐と情熱

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅で忘れられないのが、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。

ドイツ語マスター速習法

« ドイツ文化・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ・わが心の春 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74490080

この記事へのトラックバック一覧です: BRD・忍耐と情熱:

« ドイツ文化・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ・わが心の春 II »

無料ブログはココログ