« ドイツ文化とドイツ・質実剛健 | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の旅路 II »

2018年9月12日 (水)

ドイツ語・赤い閃光

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。

趣味の語学

« ドイツ文化とドイツ・質実剛健 | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74197019

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・赤い閃光:

« ドイツ文化とドイツ・質実剛健 | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の旅路 II »

無料ブログはココログ