« ドイツ文化とドイツ・実存と重厚さ | トップページ | 独逸・ヨーロッパの哀愁 »

2018年9月16日 (日)

ドイツ文化とドイツのきっかけ

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅で忘れられないのが、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。



« ドイツ文化とドイツ・実存と重厚さ | トップページ | 独逸・ヨーロッパの哀愁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74214750

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツのきっかけ:

« ドイツ文化とドイツ・実存と重厚さ | トップページ | 独逸・ヨーロッパの哀愁 »

無料ブログはココログ