« ドイツ連邦共和国・青春の旅路 II | トップページ | ドイツ文化とドイツのきっかけ »

2018年9月14日 (金)

ドイツ文化とドイツ・実存と重厚さ

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ熱狂時代

« ドイツ連邦共和国・青春の旅路 II | トップページ | ドイツ文化とドイツのきっかけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74205219

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・実存と重厚さ:

« ドイツ連邦共和国・青春の旅路 II | トップページ | ドイツ文化とドイツのきっかけ »

無料ブログはココログ