« ドイツ連邦共和国・第一歩からの脱却 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・質実剛健 »

2018年9月 6日 (木)

ドイツ・旅路はるか

ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ連邦共和国・第一歩からの脱却 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・質実剛健 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74162705

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・旅路はるか:

« ドイツ連邦共和国・第一歩からの脱却 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・質実剛健 »

無料ブログはココログ