« ドイツ語とドイツ文化・わが心の春 | トップページ | ドイツ・旅路はるか »

2018年9月 2日 (日)

ドイツ連邦共和国・第一歩からの脱却

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツの旅の想い出としては、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ語とドイツ文化・わが心の春 | トップページ | ドイツ・旅路はるか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74139890

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・第一歩からの脱却:

« ドイツ語とドイツ文化・わが心の春 | トップページ | ドイツ・旅路はるか »

無料ブログはココログ