« ドイツ語・赤い閃光 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・実存と重厚さ »

2018年9月13日 (木)

ドイツ連邦共和国・青春の旅路 II

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅の想い出としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ雑記帳

« ドイツ語・赤い閃光 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・実存と重厚さ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74202772

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・青春の旅路 II:

« ドイツ語・赤い閃光 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・実存と重厚さ »

無料ブログはココログ