« Deutschland・郷愁と回想 | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

2018年9月17日 (月)

ドイツ文化・実存と重厚さ II

ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツ旅行の貴重な体験としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« Deutschland・郷愁と回想 | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/74220961

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・実存と重厚さ II:

« Deutschland・郷愁と回想 | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

無料ブログはココログ