« Deutschland・遙かなる隣国 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・黄昏の旅路 II »

2018年8月 6日 (月)

ドイツ・前進と停滞

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の想い出としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。



« Deutschland・遙かなる隣国 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・黄昏の旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73984000

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・前進と停滞:

« Deutschland・遙かなる隣国 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・黄昏の旅路 II »

無料ブログはココログ