« ドイツ語・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・外なる同胞 »

2018年8月 3日 (金)

ドイツ・わが青春

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ語・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・外なる同胞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73967467

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・わが青春:

« ドイツ語・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・外なる同胞 »

無料ブログはココログ