« ドイツ連邦共和国・外なる同胞 | トップページ | ドイツ・前進と停滞 »

2018年8月 6日 (月)

Deutschland・遙かなる隣国 II

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。ケルンという響きはキース・ジャレットの有名なライブ・アルバム「ケルン・コンサート」を思い起こさせるのでまず思い浮かびます。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の想い出としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語から拡がる世界

« ドイツ連邦共和国・外なる同胞 | トップページ | ドイツ・前進と停滞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73983488

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・遙かなる隣国 II:

« ドイツ連邦共和国・外なる同胞 | トップページ | ドイツ・前進と停滞 »

無料ブログはココログ