« ドイツ文化とドイツ・遙かなる隣国 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・伝統と革新 »

2018年7月 4日 (水)

ドイツ連邦共和国・夢の旅路

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅の想い出としては、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語をマスターする秘訣

« ドイツ文化とドイツ・遙かなる隣国 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・伝統と革新 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73794265

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・夢の旅路:

« ドイツ文化とドイツ・遙かなる隣国 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・伝統と革新 »

無料ブログはココログ