« カンタン!ドイツ文化 | トップページ | 独逸・苦楽の極相 »

2018年7月 8日 (日)

ドイツ連邦共和国・攻め方

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)があります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。



« カンタン!ドイツ文化 | トップページ | 独逸・苦楽の極相 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73817443

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・攻め方:

« カンタン!ドイツ文化 | トップページ | 独逸・苦楽の極相 »

無料ブログはココログ