« ドイツ連邦共和国・夢の旅路 | トップページ | カンタン!ドイツ文化 »

2018年7月 4日 (水)

ドイツ連邦共和国・伝統と革新

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツで最も好きな都市の一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツ連邦共和国・夢の旅路 | トップページ | カンタン!ドイツ文化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73797715

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・伝統と革新:

« ドイツ連邦共和国・夢の旅路 | トップページ | カンタン!ドイツ文化 »

無料ブログはココログ