« ドイツ連邦共和国・攻め方 | トップページ | Deutschland・不思議浪漫 »

2018年7月12日 (木)

独逸・苦楽の極相

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ雑記帳

« ドイツ連邦共和国・攻め方 | トップページ | Deutschland・不思議浪漫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73841244

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸・苦楽の極相:

« ドイツ連邦共和国・攻め方 | トップページ | Deutschland・不思議浪漫 »

無料ブログはココログ