« ドイツ連邦共和国・郷愁と回想 II | トップページ | ドイツ・青春の光と影 II »

2018年7月24日 (火)

Deutschland・苦境を乗り越えて II

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツで最も好きな都市の一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅の想い出としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ連邦共和国・郷愁と回想 II | トップページ | ドイツ・青春の光と影 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73911431

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・苦境を乗り越えて II:

« ドイツ連邦共和国・郷愁と回想 II | トップページ | ドイツ・青春の光と影 II »

無料ブログはココログ