« 独逸・苦楽の極相 | トップページ | ドイツ連邦共和国・郷愁と回想 II »

2018年7月17日 (火)

Deutschland・不思議浪漫

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅の想い出としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。



« 独逸・苦楽の極相 | トップページ | ドイツ連邦共和国・郷愁と回想 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・不思議浪漫:

« 独逸・苦楽の極相 | トップページ | ドイツ連邦共和国・郷愁と回想 II »

無料ブログはココログ