« ドイツ語・魅惑の国 II | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

2018年6月29日 (金)

ドイツ語とドイツ文化・その魅力 II

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅の想い出としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。

哀愁のブンデスレプブリック

« ドイツ語・魅惑の国 II | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73766499

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・その魅力 II:

« ドイツ語・魅惑の国 II | トップページ | ドイツ語を学ぼう »

無料ブログはココログ