« ドイツ文化とドイツ・効果と実践 | トップページ | 独逸・覚醒と拡散 »

2018年5月16日 (水)

ドイツ語・日本人の利点

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツで最も好きな都市の一つは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語を学ぼう

« ドイツ文化とドイツ・効果と実践 | トップページ | 独逸・覚醒と拡散 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73495286

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・日本人の利点:

« ドイツ文化とドイツ・効果と実践 | トップページ | 独逸・覚醒と拡散 »

無料ブログはココログ