« ドイツ語とドイツ文化・未知なる郷愁 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・旅の思い出 »

2018年5月 2日 (水)

ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツで最も好きな都市の一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅で忘れられないのが、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツを旅して

« ドイツ語とドイツ文化・未知なる郷愁 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・旅の思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73405790

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却:

« ドイツ語とドイツ文化・未知なる郷愁 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・旅の思い出 »

無料ブログはココログ