« Deutschland・わが青春 II | トップページ | ドイツ語・感性と感覚 »

2018年5月20日 (日)

最新ドイツ文化情報

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。



« Deutschland・わが青春 II | トップページ | ドイツ語・感性と感覚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73519659

この記事へのトラックバック一覧です: 最新ドイツ文化情報:

« Deutschland・わが青春 II | トップページ | ドイツ語・感性と感覚 »

無料ブログはココログ