« 最新ドイツ文化情報 | トップページ | ドイツ連邦共和国・依存と自立 »

2018年5月21日 (月)

ドイツ語・感性と感覚

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の想い出としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。



« 最新ドイツ文化情報 | トップページ | ドイツ連邦共和国・依存と自立 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73526151

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・感性と感覚:

« 最新ドイツ文化情報 | トップページ | ドイツ連邦共和国・依存と自立 »

無料ブログはココログ