« ドイツ連邦共和国・依存と自立 | トップページ | ドイツ文化・郷愁の日々 II »

2018年5月26日 (土)

ドイツ文化・遥かなる哀愁

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅で忘れられないのが、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ連邦共和国・依存と自立 | トップページ | ドイツ文化・郷愁の日々 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73558692

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・遥かなる哀愁:

« ドイツ連邦共和国・依存と自立 | トップページ | ドイツ文化・郷愁の日々 II »

無料ブログはココログ