« ドイツ文化とドイツ・旅の思い出 | トップページ | 面白いDeutschland »

2018年5月 4日 (金)

ドイツ連邦共和国・心の郷愁 II

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。



« ドイツ文化とドイツ・旅の思い出 | トップページ | 面白いDeutschland »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73418318

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・心の郷愁 II:

« ドイツ文化とドイツ・旅の思い出 | トップページ | 面白いDeutschland »

無料ブログはココログ