« ドイツ文化・遥かなる哀愁 | トップページ | Deutschland・大陸の疾風 »

2018年5月30日 (水)

ドイツ文化・郷愁の日々 II

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ケルンという響きはキース・ジャレットの有名なライブ・アルバム「ケルン・コンサート」を思い起こさせるのでまず思い浮かびます。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語速習マスター連合2015

« ドイツ文化・遥かなる哀愁 | トップページ | Deutschland・大陸の疾風 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73585013

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・郷愁の日々 II:

« ドイツ文化・遥かなる哀愁 | トップページ | Deutschland・大陸の疾風 »

無料ブログはココログ