« 面白いDeutschland | トップページ | ドイツ連邦共和国・黄昏の旅路 »

2018年5月 8日 (火)

ドイツ・希望への道筋 II

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅で忘れられないのが、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。



« 面白いDeutschland | トップページ | ドイツ連邦共和国・黄昏の旅路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73447049

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・希望への道筋 II:

« 面白いDeutschland | トップページ | ドイツ連邦共和国・黄昏の旅路 »

無料ブログはココログ