« ドイツ連邦共和国・心の郷愁 II | トップページ | ドイツ・希望への道筋 II »

2018年5月 4日 (金)

面白いDeutschland

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツの旅の想い出としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツ連邦共和国・心の郷愁 II | トップページ | ドイツ・希望への道筋 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73418557

この記事へのトラックバック一覧です: 面白いDeutschland:

« ドイツ連邦共和国・心の郷愁 II | トップページ | ドイツ・希望への道筋 II »

無料ブログはココログ