« ドイツ語・遠くて近い場所 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 »

2018年4月27日 (金)

ドイツ語とドイツ文化・未知なる郷愁

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV München von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語を革新的に学ぶ会2015

« ドイツ語・遠くて近い場所 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/73376948

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・未知なる郷愁:

« ドイツ語・遠くて近い場所 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 »

無料ブログはココログ