« BRD・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツとドイツ語・旅路の終わりに »

2017年8月 8日 (火)

ドイツ文化とドイツ・朱色の塔

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

ドイツで最も好きな都市の一つは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅で忘れられないのが、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。



« BRD・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツとドイツ語・旅路の終わりに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71363400

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・朱色の塔:

« BRD・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツとドイツ語・旅路の終わりに »

無料ブログはココログ